この記事はプロモーションを含みます。

端末セット・機種変更がお得な格安SIMは?

Simレビ シムレビ 格安SIM(格安スマホ)と一緒にスマホ端末も購入しよう! スマホを片手にサムアップする男性 IIJmio
IIJmioの申し込みはこちら
IIJmio公式サイトの申し込みページが開きます

一昔前は格安SIMはSIMカードのみの契約が基本で、端末は自分で用意するものでしたが、最近では端末を販売する格安SIMが多数派になってきました。
MNP転入ではキャリア顔負けの割引をする格安SIMもあり、端末の割引額を見て格安SIMを選ぶ方もいるでしょう。
また、同じ回線を長く使っていると、そのうち機種変更をしたいと思うでしょう。
そんなときも機種変更用の端末を契約中の格安SIM公式から購入できれば便利ですよね。
そこで、今回は公式で販売している端末のラインナップやお得さに着目して、格安SIMを見ていきたいと思います。

IIJmio:端末セットも機種変更もなんでもござれ

現状、最もアグレッシブに端末のセット販売やセールを行っているのはIIJmioでしょう。
IIJmioは定期的にキャンペーンを行っており、その時の目玉機種がMNP転入に限り大幅に値引きされるのが魅力的です。IIJmioのキャンペーン割引は昔から一部で有名であったため、一時期はキャンペーン時に契約が殺到し、人気機種を購入することが困難なこともあったほどです。

最近では以前ほどすぐに売り切れるようなことはなくなりましたが、それでも人気のiPhoneなどは割引額が高いとすぐに売り切れます。
IIJmioの特徴は、既存ユーザーが機種変更として新しい端末を購入する際にも割引が適用されるキャンペーンを定期的に行っている点です。
大抵の格安SIMは契約者を増やすために端末の割引を行っているため、そもそも契約時にしか端末を買えなかったり、買えても割引無しの定価だったりします。
そのような他社と比較すると、IIJmioは長く使い続けてもフォローがしっかりしていて安心だと言えるでしょう。
IIJmioは回線に関しても評判がいいですが、端末の購入や機種変更についても他社と比べて頭1つ抜けていると言えます。

OCN モバイル one:端末価格破壊の元祖

OCN モバイル oneも初期から端末セールに力を入れていた格安SIMです。昔はキャリア以外で本当に「MNP転入するとお得!」と確信できるような価格で端末を販売していた格安SIMはOCN モバイル oneくらいでしたので、利用した経験がある方も多いのではないかと思います。

NTTドコモと同系列のNTTグループの調達力を生かし、手頃な売れ筋モデルを大量に仕入れて大幅な値下げをするのが非常に魅力的でした。

またマニアックな端末もOCN モバイル oneが得意とするところで、例えば3インチの世界最小おサイフケータイスマホである「Jelly 2」は、もともとクラウドファンディングで始まった知る人ぞ知る端末でしたが、OCN モバイル oneが公式に販売を始めたところ大ヒット端末となりました。
今でも割引対象になるとすぐに売り切れています。

最近では大きなキャンペーンを行う頻度も減り、端末大幅割引の点ではIIJmioにお株を奪われた感もありますが、今でもたまに見所のあるキャンペーンを行ったりしています。

キャリアのサブブランド:キャリア販売の端末を一部流用

ahamo・UQ mobile・ワイモバイルのサブブランド回線も端末販売のキャンペーンを積極的に行っています。当然ながらメインラインのキャリアでは様々な値引きを付けて最新端末を販売しているため、それを一部流用して販売しているわけです。

サブブランドでは回線が廉価なことに合わせて、一世代前のハイエンドモデルや最新のミドルレンジなど、最新ハイエンドより性能も価格も一回り落ちるようなレンジの端末が多い傾向にあります。

他の格安SIMのように格安ローエンド端末の取り扱いはあまりありませんが、ミドルレンジ端末に大きな割引額が付いていることもあるため、要チェックです。

その他:ローエンド端末が安く買える格安SIMは結構ある

多彩な端末を販売する格安SIMが限られるのは、様々な種類の端末の在庫を抱えるのがコスト的につらいという企業側の事情があるためです。そのため、捌けやすい格安端末1〜2種類のみを販売する格安SIMというのは意外と多く、覗いてみると叩き売りのような価格で売られていることもあります。
端末販売のイメージがないような格安SIMも、ちゃんと調べてみると新規契約・MNP向けにお得な端末を販売しているかもしれません。

せっかくならお得に格安SIMを始めよう!

格安SIMは回線サービスと月額料金を第一に選ぶべき、ということに異論を挟む余地はありません。
しかし最近はどの格安SIMもかなり安く実用的なサービスを提供しているため、ライトユーザーならどの回線でも不満が生じにくいでしょう。
そうすると、第二の選択の基準として、取り扱っている端末のお得さで決めるというのも悪くありません。
特にこれから格安SIMを契約しようという方は、候補の格安SIMが取り扱う端末についてもチェックしてみてください。
せっかくならば、新しい端末と一緒にお得に格安SIMを始めてみましょう。

IIJmioの特徴
IIJmioは格安SIMの中で最も老舗のサービスであり、先進的な回線サービスとリーズナブルな料金設定で多くのユーザーを抱える、格安SIMの代表的な存在です。こんな人におススメ・とにかく安く使いたい!・たくさんデータを使いたい!・電話もたくさ...
IIJmioの申し込みはこちら
IIJmio公式サイトの申し込みページが開きます
IIJmioOCN mobileブランド
スマートフォンのアイコン
試しに簡単見積もり
ポインターのアイコン
1日あたり動画を見る時間は
通話は
優先するのは
もっと詳しく知りたい方、プランを選ぶのが面倒な方
スマホ料金診断をしましょう。
あなたにピッタリなプランが届きます。

通信系FP(格安SIMのエキスパート)へ質問・相談ができるようになります。  
詳しくは トップページへ

シェアする
スマホの見直しお手伝いサイト Simレビ
タイトルとURLをコピーしました