この記事はプロモーションを含みます。

ahamo+eSIMの注意点

ahamo eSIMは優秀だけど、購入端末は注意 ahamo
ahamoの申し込みはこちら
ahamo公式サイトの申し込みページが開きます

3大キャリアのサブブランドの一つとして、シンプルで堅実な回線サービスを提供し幅広い層から支持を得ているahamo。
ドコモブランドの名の下に比較的安価で十分なデータ量を提供しており、初心者にも安心しておすすめできる格安SIMの一つですが、eSIMサービスに関して若干の注意点があります。
そこで、ahamoでeSIMを使うことについて、いくつかお話しします。

ahamoは音声通話eSIM対応!

まず、ahamo自体は音声通話に対応したeSIMサービスを提供しています。
eSIMサービス内容の詳細を以下に示しますが、3大キャリアのサブブランドだけあって他の格安SIMと比べても優れたeSIMサービスを提供しており、使い勝手に優れています。
特にeSIM再発行手数料が無料なのは現時点で3大キャリアのみなので、ahamoを選ぶ大きな理由となるでしょう。

eSIMでの新規契約/MNP

ahamoは新規契約・MNPにかかる本人確認などを全てオンラインで行えるため、郵送での到着を待つ必要のないeSIMならば即日開通が可能です。
公式サイトでは最短1時間で開通可能と謳っており、すぐに使いたいときや急に高速データ回線が必要になったときでも安心です。

同じeSIM回線・オンライン本人確認の格安SIMでも開通まで半日〜1日程度かかることが多いですし、本人確認手段がオフライン(郵送受取など)に限られる格安SIMではさらにかかります。
それに比べると、ahamoの契約の迅速さは非常に優れていると言えるでしょう。

eSIMについて | サポート | ahamo
eSIMの手続き方法をご案内いたします。

eSIMの再発行手数料

ahamoのeSIM発行/再発行手数料は、オンラインで行えば何度でも無料です。
物理SIMカードならば他のスマホで使う場合SIMカード自体を抜いて移せばいいのですが、eSIMを他のスマホで使う場合は基本的に再発行が必要になります。
ですのでeSIM再発行手数料が無料のahamoは、eSIM再発行が有料の格安SIMと比べていろんなスマホに移して使うような運用がしやすく、大きなメリットと言えるでしょう。
ただし、ドコモショップでスタッフに再発行手続きをしてもらう場合は1回あたり2,200円がかかります。

SIMカード/eSIMの発行の手数料を教えてください。 | よくあるご質問 | ahamo
SIMカード/eSIMともに、新規ご契約などで新規発行が必要な際の手数料は0円です。   【SIMカード】 ドコモオンラインショップでの再発行手数料は1,100円(税込)(チャットで

ahamo販売スマホにeSIMが無い場合が!?

ここまで紹介した内容では、ahamoのeSIMサービスに何も問題は無いじゃないか!と思うかもしれません。
実際にahamoが提供するeSIMサービスにはなんら問題はないのですが、扱っているスマホに注意が必要なものがあります。

例えば、シャープのAQUOSシリーズの中で人気エントリーモデルの「AQUOS wish 2」があります。
3大キャリアではドコモ/ahamo・au・ワイモバイルが取り扱っており、他にSIMフリーモデルもありますが、この中で唯一、ドコモ/ahamo取り扱いのwish 2のみがeSIMを搭載していません。
ドコモ/ahamo版のみnano SIMスロット×1で、他社取り扱いモデルは全てeSIM+nano SIM×1です。

実はAQUOS wish 2の先代にあたるAQUOS wishも同様の差別化がなされており、それ以外にもドコモ系列の取り扱いモデルのみeSIMを搭載していないことが度々あるのです。
口コミなどでeSIM搭載スマホだと聞いて、ahamoでeSIM契約しようとスマホを購入したらeSIMが付いていなかった!等ということが起こると大変です。
ですのでahamoで端末を購入する場合、eSIM搭載の有無についてはメーカーの公式サイトや情報サイトだけでなく、ahamo公式で記載されているスペックシートをちゃんと確認する必要があります。

もちろん他社で購入した端末を使う分には何も問題ありません。ahamoの端末販売は特に安いわけでもないため、他の販路からSIMフリースマホを買ってahamoで使うのが無難です。

ahamoのeSIMは優秀だが、販売スマホに注意

以上、ahamoのeSIMサービス紹介と注意点でした。
メインブランドであるドコモがハイエンド中心なのと比べて、ahamo取り扱いスマホは値ごろなミドルレンジ機が多く、ラインナップは魅力的ではあります。
それだけに、ahamo取り扱いモデルのみeSIMを搭載しないケースが多いのは残念な点であり、注意が必要です。

前述しましたが、eSIMを搭載したSIMフリー端末をahamoで使う分には問題ありませんので、端末そのままでahamoにMNPや新規契約する場合は心配無用です。
ahamoで端末を購入する、あるいはahamo契約中の方が機種変更を行う場合、eSIMの有無をしっかり確認しましょう。

ahamoの料金プランとしては、中価格・大容量・高速とサブで使うよりはメイン向きです。
もちろんeSIMでメイン運用も悪くありませんので、それなりにデータ容量を消費する方でSIMの複数契約はめんどくさい!という方は、ahamoを検討してみてはいかがでしょうか。

ahamoの特徴
ahamoはドコモのサブブランドの格安SIMです。プランが1つだけという迷いようのないシンプルな構成ながら、必要十分な容量と高速なドコモ回線で人気を博しています。誰にでもお勧めできるスタンダードな選択肢です。 こんな人におススメ ・たくさん...
ahamoの申し込みはこちら
ahamo公式サイトの申し込みページが開きます
ahamo
スマートフォンのアイコン
試しに簡単見積もり
ポインターのアイコン
1日あたり動画を見る時間は
通話は
優先するのは
もっと詳しく知りたい方、プランを選ぶのが面倒な方
スマホ料金診断をしましょう。
あなたにピッタリなプランが届きます。

通信系FP(格安SIMのエキスパート)へ質問・相談ができるようになります。  
詳しくは トップページへ

シェアする
スマホの見直しお手伝いサイト Simレビ
タイトルとURLをコピーしました